menu menu2
NEWS新着情報

ご予約・お問い合わせ

0120-915-745

0120-915-745

2018/04/26

外貨建ての生命保険

長期の運用商品の1つとして「外貨建ての生命保険」があります。

 

円建て商品の運用環境は厳しく、それに比べると外貨建て商品のほうが予定利率(積立利率)が高いのでメリットはあります。

また、生命保険であれば、被保険者に万が一のことがあった場合保険金が支払われます。さらに、保険金の受取以外にも、資金が必要になった場合、生命保険の解約返戻金で準備することもできます。外貨建ての生命保険の場合、解約返戻金を外貨のまま受け取ることもできます。

 

デメリットは主に2つあります。

1つは為替リスクがあることです。保険料や解約返戻金、保険金は為替レートの影響を受けます。解約返戻金や保険金の受取時の為替によっては、外貨のまま受け取り、外貨預金などで運用し、円安のタイミングで円に換えるほうがよいでしょう。

もう1つは、早期解約の場合、解約控除や市場価格調整を受けて、払い込んだ保険料よりも解約返戻金が少なくなる可能性があることです。

 

外貨建て生命保険も各社いろいろな商品がありますので、しっかり内容を理解した上で、検討するようにしてください。

 

お問い合わせ・ご予約はこちら

まずはお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。

リンク

Page Top